業者に高値で売る

男性モデルの人

高級な腕時計などを買い換える場合、前に使っていた腕時計が不要になる人もいるでしょう。そういった場合、ブランドものなどを專門に買取っている業者を利用して買取してもらうと良いです。

Read more

資産価値が高いもの

革のベルトがいい

腕時計はビジネスシーンでも必要になるものでしょう。男性は仕事やプライベートで腕時計を利用している人が多く、時計好きが講じて高級なブランドものの腕時計を収集している人もいます。

Read more

ブランドの需要

宝石がデザインされている

需要と為替で変わる価格

ブランド買取価格はブランド名、商品の種類、状態によって変わりますが、同じブランド品でも売るタイミングで査定額が変わります。このタイミングは需要と供給のバランスもありますが、大きく影響するのは為替です。例えば、円高だと海外から入ってくる品物が安いためお得ですが、円安だと海外から入ってくる品物が高くなるため負担が大きくなります。つまり、海外ブランド品は円高が買い時ということになるでしょう。ただ、円安だと輸入品の値段が上がるため、国内でもブランド品を売る時には高値で売ることが期待できるのです。もちろん、そのブランドの需要によりますが、円高の時に購入した商品を円安の時に売ると中古でも購入額とほぼ同額で売ることが可能です。

ブランド買取のはじまりとは

現在のブランド買取システムは質屋から続くものだとされています。質屋とは、鎌倉時代に誕生した貸金業です。貴金属、宝石、骨董品などを担保として質屋に預けて、お金を借りるシステムでした。質物は次第に変化していき、昭和40年頃には呉服、布団、釜などの生活雑貨も扱うようになります。そして時代は変わり、質屋のシステムは貸金から主には買い取りへと変化していき、現在のように家電、ゲーム機、カメラ、ブランドなどを扱うようになりました。買い取りの中でもブランド買取は人気があり、また需要も高いため買取額も期待できるとしています。不況の中でブランド品を持ちたいという人が中古品を選んでいるケースも少なくはないので、売り手としては良い売却ができるでしょう。